スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も終わりですね -今年を振り返って-

 今日も10時に起きました。
朝飯は、コーヒーとバタールでした。
バタールがとても美味しかったです。
(フランスパン)

予定も無いので、ギターの練習をしました。
1時になり昼飯にうどんを食べました。
その後は、ギターの練習を休憩してLeft4 Dead2をやっていました。
まだ、以前の感覚が戻りません。
ゆっくりとリハビリをしようと思います。

1月2日から私は埼玉の実家に帰るため母親の買い物に同行しました。
目的は、ペッツマートです。
そこで、熱帯魚の留守用の餌を買いに行きました。
ペッツマートに到着し、母親は愛犬茶々丸のおやつを選んでいました。
私の買いたいものは決まっていたので、母親が選んでいる間、
熱帯魚コーナーを見て時間を潰していました。
その時、値段が297円で手頃な価格の流木みたいなのについている水草が売っているのを見つけました。
熱帯魚の留守用の餌と一緒に購入しました。
下の写真の状態になりました^^

2009 12/31 熱帯魚水槽

水槽が少し華やかになりました。
ただ、まだまだ緑が少なく寂しいです。
中央にある流木に来年はアヌビアス・ナナを活着させようと思います^^

そして、ペット用品を購入してペッツマートを後にしました。
次に向かったのが、生協です。
今年は、今日が最初で最後の利用になりました。
昔は、婆さんの畑が近くにあったため利用したりしていました。
しかし、現在は畑を耕していた婆さんはもう居ないため、畑は手放しました。
なので、このあたりに訪れる機会はなくなりました。

1年ぶりに入ってみると、配置が変わっていました。
(それは、当然ですね。)
ただ、昔よく花や観葉植物を買っていた花屋さんがまだ残っていたので、懐かしい気持ちになりました。
ここに来た目的は、伊達巻と数の子を買うためです。
私たち家族の間では、この生協の数の子が一番美味しいとの事で毎年利用しています。
ただ、今年は喪中のため本来ならおせち料理関係のものはやめるのが風習ですがスルーですw
私は、ついでにラーメンを買いました。
普通なら、年越しそばでしょうが、敢えてのラーメンにしましたw
親父の分も買ったので、来年のスタートは円滑に行きたいです。

そして、家に帰りました。
家に帰ると従兄弟が来ていたので、従兄弟の遊び相手をする必要があり面倒でした。
何故なら、私のPSPでガンダムVSガンダム NEXT+をやりたいと言うのですが・・・
従兄弟たちは、今時珍しい家にゲームが無いため操作が分かっていません。
年齢もまだ小学生低学年との事もあり、兄弟で仲良く交代しつつ喧嘩しながらやっていましたw
私は、その横でLeft4 Dead2をやっています。
(相手をしていない気がするのは、スルーでw正直、従兄弟がいるだけで邪魔です。ガキなのでうるさい)
所々で助言をしながらやっていましたが、微妙にジェネレーションギャップを感じました。
従兄弟たちは、ガンダム作品をあまりというかほとんど知らないようです。
そのため、シリーズとしては、
機動戦士ガンダム
ガンダムSEEDシリーズ
ガンダムUC
のようです。

なので、私がよく使用しているガンダム試作三号機は、
「何そのガンダム変。」と一蹴されましたw
また、同じく使用しているシャイニングもナニコレと言われる始末w
そんな感じで、従兄弟たちの相手を大体1時間程していました。

その後、従兄弟たちが帰って母親から衝撃の言葉を告げられました。
「大学生だから、従兄弟たちの親からのお年玉は無しになったよ。」
マジか!
お年玉の予算案が早くも崩れそうですw
今のところ、確実にもらえるのが、
両親
埼玉の祖母
金額としては、よくて2万手に入ると思います。
私の勝手な予定では、
4箇所でもらえると想像していました。
その内の一つが消えました。
ちなみに最後の一つは、家の爺さんからもらえる予定です。
ただ、家の爺さんは祝い事の金は3000円と言う固定概念があるようです。
そのため、額は期待出来ません。
ただ、もらえるのなら嬉しいですw

自室で音楽を聞きながらお年玉の予定を考え直していましたw
そして、リビングにあるお菓子を取りに行くと・・・
テレビでアニマックスの北斗の拳11時間放送を親父が観ていましたw
何と言うか、昨日はガンダム今日は、北斗と懐かしすぎです。
なので、一緒に観ていました。
昨日のガンダムといい、やはり主人公がめちゃくちゃ強いなと思います。
正直、見方がおかしいかもしれませんが、かなり楽しめましたw

夕飯の時間になり、テレビはダウンタウンのガキの使いやあらへんでに変えました。
今日一日弱りきっていた爺さんが、これを見て大笑いしていました。
なので、身体は元気なようです。
安心しました。
ちなみに夕飯は、すき焼きとカニカマとご飯でした。
すき焼きは、味が濃いため美味しいのですがあまり食べられませんでした。

その後、自室に戻り現在に至ります^^
今年を振り返ってみようと思います。

1月は、8日に婆さんが死亡しました。
正月は、婆さんは家に戻ることが出来ました。
その時から弱っているのは目にみえていました。
ただ、それでも元気そうでした。
なので、奇跡が起こって余命の宣告を超えることが出来ると思っていました。

しかし、7日に婆さんは緊急入院します。
医者からは、もう駄目だろうと言われてしまいます。
私が最後に見た8日の婆さんは、もう私の知っている婆さんではありませんでした。
言うなれば、婆さんの形をして生かされている魂のない人形です。
そんな婆さんを見るのがつらく病室ではほとんで見ませんでした。
私の知っている婆さんは、6日の時点で死んでいます。

そんな思いがあってなのか、私は家族で夕飯を食べることを拒否し一人別の場所で食べました。
今考えると、一人になりたかったのと祖母の死を見るのが嫌だったのかもしれません。
私は、病院から少し距離のある「ラーメン店 はやたろう」まで歩いて行きました。
そこで、坦々麺を食べました。
美味しくて、身体が温まりました。
味を気に入り、私ははやたろうのポイントカードを作成しようとしました。
その時です。
私の携帯電話が鳴ります。
母からで、
「婆さんがもうダメかもしれない。急いで戻って来て。」
私は、店員や他の客がいるので出来る限りの平静を装い返事をしました。
書きかけのポイントカードの作成用紙を完成させます。
そして、記念日の記入欄を1月8日にしました。
コップの水を飲み干し、会計に向かいます。

そして、店を出ると同時に私は急ぎ病院に向かいます。
この時は、走りながら婆さんとの思い出が頭に浮かんでいました。
周りから見れば滑稽かもしれませんが、18歳男性が夜道を猛ダッシュで涙を流しながら走っている光景。

病院の入口に到着した時に再び私の携帯電話が鳴ります。
母から、
「婆さんの心臓が止まりかけている。急いで!」
私は猛ダッシュで、エレベータを目指しました。
ちょうど、上に行くエレベーターのドアが閉まりそうでした。
今考えると礼儀の無い行為ですが、閉まるドアに手を突っ込みこじ開けました。
無我夢中でした。
中の人は驚いています。
事情を説明し、病室のある階に向かいます。
どうやら遅すぎたようです・・・
医者が心肺蘇生をしていますが、それで心臓が動いているだけです。
もっとも、この時私はほっとしました。
何故なら、婆さんの死ぬ時は見たくないとの思いがあったからです。
ただ、実際に死んだ婆さんを見ると泣けてきました。
病室を後にして、ソファーに座って思いにふけっていました。
何と言うか、プライドがあるのかすぐに泣くのを止めました。
そして、従兄弟たちの相手をして人の死が理解できない従兄弟に綺麗事を並べて説明しました。

そして、婆さんの葬儀を行いました。
昔、曾祖母が死んだ時は骨を拾うのはしませんでしたが、初めて人の骨を拾って壺に入れました。
ここで、葬儀の内容を見ていて葬儀会社に嫌悪感を覚えました。
特に料金・・・
張りぼての祭壇、使い回しの備品、これであの金額。
人の死を食物にするような行為が許せません。

婆さんが死んでからと言うもの、家の中が寂しくなったと思います。
爺さんも相当ショックだったようで、体調を崩してしまいます。
私は、身内のリアルな死を受けて、人生に関して考えていました。
この時、人はいつかは死んでしまうという事を再認識出来ました。
そして、生きている時を無駄にしないように生きようと思いました。
その他にも色々な事を思いました。
婆さんの死は、私に様々な事を教えてくれました。
この1月は、多くの事を学ぶ事が出来たが、失ったものはとても大きかったです。

2月は、何をしていたか思い出せません。
ただ、高校最後の時を楽しんでいたと思います。

3月は、高校卒業しました。
思えば、高校生活には様々な事がありました。
1年生の時は、先生の誤解から始まった出来事で辛い思いをしました。
あの時ばかりは、キレてもおかしくありませんでした。
ただ、私を支えてくれた友人と女性のおかげで私は乗り越えることが出来ました。
奉仕活動と称した掃除を朝と放課後強いられても部活をクビになり、部活動の時間トイレ掃除を強いられても自主退学を3時間かけて迫られても屈することはありませんでした。
そして、特進科から進学科に移ります。

この時に出会った、担任に本当に感謝しています。
先生がいなければ、私は駄目になっていたでしょう。
高校時代で、私の事を認めてくれたのは先生が初めてです。
1年の時に問題児として認識されていた私を特別視することなく、私を受け入れてくれました。
(クライミング部の顧問は、私を受け入れる事はしなかった。そのため、仮部員としての立場が続く。)
また、進学科で多くの新しい友人を作る事が出来ました。
そんな皆に支えられて私は、2年生の時代を過ごします。
そして、3年生になり受験をすることになります。
私の当初の夢は、料理人でした。
そのため、専門学校に行きたいと思っていました。
しかし、親が大学に行けという事で負けてしまいました。
(このような事で負けるよな夢なら叶うはずが無いです。現に今は、料理人にはなりたいとは思いません。)
ただ、なまじ勉強が出来たせいで親に世間的に良いとされる大学に行くように言われました。
正直、私は勉強が嫌いです。
嫌いですが、授業として使う時間を無駄にしないために授業を真面目に受けていました。
また、担任との約束でテストで良い点を取るとの事で成績は上位でした。
そのため親は私に対して期待を持ったようです。
(以前も、中学では上位であり、漢字検定2級を中2で取るなどの事もしていた。その時は、私は勉強に自信があった。しかし、絶対に大丈夫だろうと望んだ高校受験に失敗し、市内の進学校である私立に行った経緯がある。その時から自信を無くしていたのかもしれない。)

進路は、大学と決定しました。
ただ、模試の結果を見てもそれほど良い訳ではありません。
また、私は自宅から通いたいとの要望を親に出しました。
(一人暮らしが面倒だと思ったのと、実は寂しい気持ちもあり、浜松という住み慣れた場所を離れるのが怖かった。)
その結果、偏差値的にもちょうど良く親も納得した大学を本命に決められました。
その大学は、電車で30分、バスで15分の距離です。
滑り止めに、ボーダーフリーで親からの評価は最悪の大学を選びました。
この大学は、電車で11分、自転車で5分。
勉強のレベルで考えれば、この私でも余裕だと思っていました。

そして、受験に向けて頑張ったはずだった。
表向きは、そうです。
実際は、私は受験から逃げました。
元々、行きたい場所ではありません。
また、勉強は嫌いです。
そんな思いを抱きながら、将来について考えていました。
至った結論が、自分の好きな事を仕事にしたい。
私の好きな事は、何だろう。
本気で悩みました。
そんな時に出会ったのが、エレキギターです。
私は、音楽が好きでした。
思えば、小学生の頃はリコーダーやオカリナをやったりしていましたw
そんな思いを胸に初めて手に入れたエレキギターがあのレジェンドです。
高校3年生の間はギターに夢中になりました。
ようやく自分のやりたい事が分かった気がしていました。
そして、自分の進路は大学進学に決定しました。
理由は、4年間のモラトリアムが欲しかったからです。
目標は、本命に決定された所。
理由は、24時間使用可能なスタジオがあるからw

しかし、模試をやったりして、私は自信を喪失させます。
(表向きは、プライドのため強がっていた・・・今思えば、滑稽です。)
また、恩師の担任とこの本命を目指すことを渋々約束しました。
そのため、私は恩に報いるためにも目指す必要がありました。
ただ、気持ちは完全にありませんでした。

本命の受験に行きました。
正直、これは駄目だろうと思いました。
やる気もなく、勉強もしていない、そんな男が受かるはずがありません。
ただ、プライドで親や友人の前では出来たような素振りをしていました。
その事が、後日親との関係に亀裂を生みます。
もちろん不合格。
親父は、私の能力に期待をしていたため後期の試験まで受ける事を強要します。
正直、苦痛でしかありません。

滑り止めの受験は、もちろん合格です。
倍率は・・・
落ちたのは、受験に来なかった奴のみです。
ただ、私は自分の意志でこの大学を選びました。
この選択は、はっきりいえば大学を見下したものです。
何故なら、ボーダーフリーのような所なら勉強に縛られる事もなく自分の目指すことをやれると考えたからです。
私は、この大学で過ごす4年間を使って夢に向かって頑張ろうと思いました。

担任の先生との約束は果たされることはありませんでした。
本当にすいません。
ただ、この人生は私のものです。
なので、私は自分で選択したこのことを間違いだとは思いません。
いつか、私が立派な人間になって担任の恩に報いたいと思います。

4月は、大学に入学しました。
さすが、ボーダーフリーの大学と思いました。
周りの人が今までの高校で考えるとありえないような人ばかりです。
そんな人達にビビっている訳にも行きません。
正直、大学の授業内容が想像以上に低レベルなのと期待以上なものとの差が激しかったです。
ここでも、私は信頼できる先生に会うことが出来ました。
それは、文化学の教授と国際関係論の教授です。
特に文化学は、私の思想に大きな影響を与えました。

軽音楽部に入部しました。
正直、想像していたような環境ではありませんでした。
部室は汚れきっていて、楽器や機材に対する配慮もない。
酷い環境だというのが最初の印象でした。
なので、良くして行こうと思いました。
幸い、1年生の新入部員はありえないような人ではなく良い人ばかりでした。
だから、皆で頑張っていこうと思いました^^

5月ようやく大学に慣れ始めました。
ここでは、私の信じる常識などが通用しないことは多々ありました。
ただ、そんな環境の中でも頑張ろうとしている人がいます。
世間では、私の大学は底辺だとの差別を受けるでしょう。
ただ、それは間違いです。
現に私の大学を叔父がけなしました。
それは、ほんの一部の卒業生が悪いのでしょう。
一部を見ただけで、全体を分かったような事を言ってもらいたくない。
この大学にも頑張っている人間はいます。
その頑張りを評価してもらいたい。
また、私は人の可能性を信じています。
この大学の歴史は浅く16年です。
しかし、ボーダーフリーとの事で集まる人材に不良がいるのも事実です。
(勉強の出来具合でその人の人間性を判断したくはないが、事実的に他の大学の友人の話しを聞いてもここのような状態なのは少ない。故に勉強の出来具合が悪いと不良が来るのは仕方ない。ただ、それは一部。)
私はこの時からこの大学を良くしたいと考えました。
もっともこの考えは、私のエゴです。
後に11月25日に友人宅で改心します。

6月友人たちと共にゲーム関係のサークルを作る。
(活動は、ビリヤード)
現在では、部員16人と大勢になりました。
この部活を作ったことで、出会えた友人もいます。
このサークルで大学生活がより楽しくなりました。

7月このブログを始めました。
昔の内容を読んでみると、今も変わりませんがやはり行動記録みたいですw
ただ、こんなブログでも見てくれる人がいます。
面白い記事は、書けませんが管理人LEVYSが生きた証です。
これからも更新をしていこうと思います。

軽音部のサークルで作ったバンドでの音合わせで挫折をする。
バンドのメンバーの中で楽器に触れている時間が長かった私が合わせるべきでした。
最も、全員が未熟でした。
それでも、合わせられなければなりませんでした。
この日は、本当に落ち込みました。
ただ、その分頑張ろうとも思いました。
現状でも人と合わせるのがまだまだ出来ません。
いくら一人で弾けても合わせられなければ意味がありません。
また、音楽を夢にする以上これが出来なければ話にならない。
音楽の夢を諦めかけました。

某グループの韓国料理店でバイトを始める。
そして、7月23日にバイトを辞める。
理由は、料理を馬鹿にするような所で働きたくはない。
ブログで公表するのはマズイので伏せますが、このバイト先は料理を馬鹿にしています。
故に客が少ないのも当然でしょう。
まだやっているようですが、時期に潰れると思います。

8月髪を染めました。
初めて髪を染めました。
妹が市販の染色剤でやってくれました。
今思うと、髪の色を変えたことで少し自分に自信を持てた気がします。

大学の夏休みが始まりました。
ぶっちゃけ、引き篭っていた気がしますw
静岡の自信の時は、本気で家族を心配しました。
もう家族の誰かが居なくなるのは嫌です。

母校の演奏会に行き恩師に会う。
この時大学卒業後2度目で恩師に会いました。
この時、当ブログの存在を知らせました。
ただ、どう考えても最近の内容は恩師が見ている事を前提に書いていませんw
私の思ったことを率直に書くスタイルをまだまだ続けて行きます。

9月教習所に行き始めました。
現在もまだ本免許を取っていません。
9月入校と言うことは、期限は3月までです。
まだ、時間があると悠長にするのではなく1月には本免許を取りたいです。

10月これと言って変わった事はないです。

11月仮免許を手に入れました^^
3度目の正直です。
本免許は、1発で取りたい。

大学の文化祭に参加。
サークルでフランクフルトの屋台をやりました。
軽音部の手伝いもあり、200本完売しました^^
とても楽しい、文化祭でした。

ただ、軽音部としてライブに出演出来なかったのが心残りです。
現状では、合わせることが出来なかったので仕方がないです。
ただ、悔しい。
来年こそは、ライブに出たいです^^

新型インフルエンザにかかる。
正直、大丈夫だと思っていました。
一体、どこでかかったのだろう。
周りの友人3人にうつしてしまったので、申し訳なかった。

11月24日に友人宅での二次会。
この時、ようやく友人との距離を縮めることが出来たと思います。
もっとも、私が一人で距離を置いていたようです。
ここで、色々な悩みを打ち明けました。
そして、諭されました。
この日の事は忘れません。

12月自分の身体の体調が悪くなる。
以前からの低血圧症が悪化したため病院に行きました。
そして、採血後に病院で倒れました。
この時に20秒程の意識の消失と痙攣が起きたため大病院に救急車で運ばれました。
現在は、心臓は問題ないとわかり残るは脳の検査結果のみです。
絶対に大丈夫だと私は信じています。
こんなところで死ねません。
まだ、やりたことはたくさんあります。

クラシックコンサートに初めて行く。
生のプロのオーケストラのクラシックを聞くのは初めてです。
感動しました^^
私も音楽が好きです、私もいつかこのように人に感動を与えることの出来る演奏をしたいです。

熱帯魚の水槽を60センチにする。
結構、ほったらかしになっていた熱帯魚でした。
生き物を飼っている以上最後まで面倒を見ることは飼い主の勤めです。
また、水槽という閉じられた環境にいる彼らが住みやすいようにするのも必要です。

友人との再び音合わせ
前回よりも良い状態だと思います。
ただ、ボーカルがいないのが問題ですw
来年にはバンドメンバーが正式決定するので、色々と楽しみです^^

ビリヤード最後の大会で友人とあたり敗れる
これは、私の甘さ故に起きたことです。
この懺悔のノリで真実を語ろうと思います。
友人との対戦が決定した際、私が前の対戦で倒した老人がビリヤードの指導の口出しをしてきました。
このこともあり、私も友人も調子が狂いました。
そのおかげで、私は1セット目を取ることが出来ました。
その後、2セット目の後半には老人がいなくなりました。
このセットをあげて1:1の戦いにして仕切り直そうと考えていました。
しかし、9番ボールを明らかに落とすことが出来るチャンスが来たため、ここで手を抜くのはあからさま過ぎると思い落としました。
そして、3セット目になりました。
状況は、良くこのまま行けば勝つ事が出来ます。
しかし、1セット目の友人の敗因は老人の指導のせいです。
故に、仕切り直しの意味を込めてこのセットをあげようと考えました。
9番を外し続けましたが、なかなか落としてくれません。
仕方なく、白球に回転をかけて真横に飛ばし落としました。
ファウルです。
これで、1セット目の借りは返せたと思い真剣に望みました。
ここで友人が覚醒します。
コンビネーションで9を落とし2:2となりました。
これは、予想外でしたが燃えてきました。
そして、最後は友人がコンビネーション。
私の負けです。
勝てる機会をみすみす逃したからです。
その後の友人の活躍は、Aランクプレイヤーに後1セットと迫る大健闘です。
もし、私が勝っていてもこのような結果は残せなかったでしょう。
悔しいですが、実力はどうやら友人の方が上のようです。
来年からは、常に真剣にやろうと思います。
今までの事を思い出しても、常に甘さ故の失敗をしています。
この私の甘さをよく親父が怒ります。
来年は、自分の甘さを捨てようと思います。

これで、今年1年間の振り返りは終わりです。
私のブログとしては、過去最高の長文です。
正直、読む気が失せると思います。
また、内容的にも面白い要素はありません。
このブログは、管理人LEVYSの行動記録のようなものです。
こんなブログですが、読んでくれる人がいることが嬉しいです。
これからも更新をしていこうと思います。
こんなブログですが、来年もよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Amazon商品検索

管理人に仲介料が入ります。欲しい物をこちらで検索し、買って頂けると嬉しいです
クリック広告
押すと広告料が入ります
食べログ
料理店レビューをしています
購入予定
オススメ
最近買ったもの
Google+ YouTube Channel
   YouTube CHANNEL
動画の更新などの報告をしています
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
コメントを頂いたら必ず返信します
ブロとも申請フォーム
お気軽にどうぞ

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
相互リンク募集中です
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。