スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の反省

この1年間の反省をする
思い返すとこの1年は色々な事があった
そして、将来の夢を決めた年でもある

話は変わるが、このブログを始めたのは2009年7月1日
開始した理由も今ではうろ覚え
確か大学生になった記念でブログでもやってみようというノリだったのかもしれない
ただ、それだと時期的に7月というのは微妙だ

もっとも、開始した理由などはどうでもいい事だ
こうして、続けて来たことに意味がある

初期は完全に惰性で行なっていた
ブログと言うものは今でもよく分からないが、試行錯誤をしていた
いつしか、ブログを書く時間が一日の反省をする時間となった
この事は私にとって有意義なものだった
こうして、ブログを書くことが習慣へと変わっていった

また、ブログで日記を付けることで日々の出来事を記録に残す事が出来た
だから、以前にブログは外部記憶と発言した事もある
この記録は当然ながら正確でなければならない
また、ブログは公のものであり、不特定多数の人が見ることが可能だ
それ故に、プライバシーに配慮をする事が必要だ
このプライバシーの問題については、過去の反省を活かしたい

以前、家族に「不特定多数が見るブログで日記を書いていて恥ずかしくないの?」と聞かれた事がある
確かに不特定多数の人に私生活を見られてしまうが、
私「ブログに恥ずかしい事は書いていないから大丈夫」と応えた

家族「でも、自分の事故を記事にしたり、失敗を公表して何になるの?恥を広めているだけじゃない」
もっともな意見だと思う
失敗を恥ずかしい事だと思うのは、当然だ
だが、失敗は隠すのではなく向き合うべきだ
反省をするため、記録に残すために記事を書いた

上記のような返答をした所、
「でも、公表をする必要はないよね。自分で反省すればいいんだから」

至極当然、返す言葉が無い
習慣になったブログで記事にしないで置くことは出来なかったんだ
失敗を恥と感じるよりも、ブログを通して反省をする事を選択したと言い訳をしたいw
そして、その失敗を誰かが読んで参考にでもしてくれれば良いと思う

更に追い打ちの言葉で「日記なんか公表して何になるの?」
確かに反省の為の日記ならば、日記帳に思う存分書いた方が良いかもしれない
ブログのように言葉を選んだり、制限のある内容の日記よりも勝るのでは無いか?

「公表して何になるのか?」、言い換えれば「何のために公表をするのか?」
この答えは、自分を知ってもらう為だろう
私の自己主張の表れであったのだと思う
だから、「公表して何になるのか?」の答えは、自己満足と言える

また、公表をする事で不特定多数の意見を得る事が出来る
この第三者の意見は、自己を成長させるものと考えている
今後もブログを毎日書くつもりだ
意見が頂けると嬉しい

その為には、人が見たいと思う日記にした方が良い
今の私の書き方では、面白味に欠けている
一朝一夕で面白さが身に付くとは思わない
日々努力をする事が来年の課題だ

また、自分の強い主張も書こうと思う
今までは公であるが故に、批判を恐れて柔らかい意見にしたり、黙秘していた
強い主張と言っても、人を傷付けるような事は書かないので誤解しないで欲しい
自分の信念に基づく意見を書くつもりだ

それと、自分の価値観というか信念について言及をしたいと思う
今までは避けていたが、敢えて公表し意見を取り入れたい
カテゴリ「自己流 哲学」として、記事を不定期で書くことを来年の課題とする

それでは、ブログに関してはこのぐらいにする
本題の今年の反省をする

今年の新年の始まりは、衝撃的だった
1月1日に車に轢かれた野良猫の死体を協力して埋葬した
ここから「猫物語」が始まったりはしなかった
ネタが分からない人には何を言ってるのだと思うだろう
もっと分かりやすいネタを仕込みたいw



話を戻すと、1月は猫に始まり、過去と対峙した月だった
この件に関しては多くは語れない
嬉しい事に仲違いした旧友と仲直りをしたり、旧友との交流を持つことが出来た
だが、過去は過去であり、今は今でしかない
今後数カ月の間は、この過去との対峙は続いた

6月は21歳の誕生日、それと臨床心理学に興味を持った月と言える
臨床心理学や心理学についての本を読むようになった
そして、ついには臨床心理士になりたいと決心するに至った

そんな訳で、この1年の重要な出来事は2つ
過去との対峙は、過去の精算をする事が出来た
それと過去から逃げるのをやめ、向き合った
今更ながら21歳にして、自分というものが少し分かった気がする

次に将来の夢を臨床心理士とし、大学院を目指す事にした
正直、無謀な挑戦だと言うのは分かっている
だが、諦めてはいない
心というものは本当に面白い、だからこそ興味を持って勉強を続けられる

最後に自分の反省
心理学を学んだ事で、自分について考えるようになった
過去を振り返ってみると、心の問題を抱えていたように思われる
だからこそ、心について学ぶことが好きなのかもしれない

幸いにして、人は成長するものだ
友人や多くの人との出来事を通して、変わっていった
本当にありがとう

その過程で変わらなかったものが私の個性である
良くも悪くも受け入れなければ、自己実現は出来ない
昔話をすると、私は良い子であろうとし続けていた
慎み深く、控えめで、誰にでも優しく、
公平であり、ケンカもせず、言う事を聞くような典型的と言える良い子を目指した
普通の教育であったと思う、ただ受け手の私の性格の問題でこうなった

当然ながら、そんな八方美人で中立である事は破綻した
だが、破綻したからといって、全ての考えを変える事はなかった

私は教育に縛られたままである

この教育は常識や道徳であり、身につける事は必要だ
しかし、私の性格はそれを必要以上に遵守しようとした
聖人君子にでもなりたかったのか?
いや、言われた事にただ従う事が楽であり、当然であると考えていた

このような事が私のベースにはある
道徳や常識を否定する気はない
しかし、縛られ過ぎるのは良くない

善悪はバランスであるべきだ
悪に偏るのは当然悪い事だ
そして、善に偏るのもバランスが悪い事になる
しかし、普通に生活している限り善に傾き過ぎる事はないだろう

この私の性格やある種縛られている考えについて葛藤している
今まで抑圧していた事といまさら向き合っている
考える事を放棄していた報いとも言える
それか、無駄に考え過ぎているだけかもしれない
何にせよ、自分というものを来年も考えたい

以上、自分の反省でした
今後も心理学の勉強をしながら、自分の心とも向き合いたいと思う
見方によっては、臨床心理学の良い実験材料であると言える
自分で自分を治療というか、改善していきたい
そして、今度は胃を壊さないように気を付けたいw



なかなかの長文になってしまいました
正直、後半は読んで欲しくは無い
変わった人であるのは認めざる負えない(よく言われる)

変わっている事は、わきまえている
わきまえているからこそ、自制が出来る

それと、金子みすゞ的な「みんな違ってみんな良い」
このような変わり者が居ても面白いはずですw

そんな訳で、こんな管理人のブログですが、今後共よろしくお願いします^^

関連記事
スポンサーサイト

Amazon商品検索

管理人に仲介料が入ります。欲しい物をこちらで検索し、買って頂けると嬉しいです
クリック広告
押すと広告料が入ります
食べログ
料理店レビューをしています
購入予定
オススメ
最近買ったもの
Google+ YouTube Channel
   YouTube CHANNEL
動画の更新などの報告をしています
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
コメントを頂いたら必ず返信します
ブロとも申請フォーム
お気軽にどうぞ

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
相互リンク募集中です
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。