スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガで読む名作 カラマーゾフの兄弟 読破^^

今日は、特に予定は無かった
そのため、以前から読もうと思っていた
ドストエフスキー原作「マンガで読む名作 カラマーゾフの兄弟」を読んだ

これは、親父が購入した物
ドストエフスキー原作「マンガで読む名作 罪と罰」が気に入ったので、この本も買ったのだろう
私も読んだが、なかなか考えさせられる内容で気に入っている^^

だが今回の方が、私はより好きだ
私のスタンスは、無神論者に近い
神を否定もしないし、肯定もしない
悪魔の証明のように「いない」と証明出来ないから「いる」可能性もある
結局は、居ても居なくてもどうでもいいというのが本音である

無神論者に近い思想だったので、この本はとても惹かれる内容だった
そして、多くの事を学べた^^

良い本だと思います
色々と書くとネタバレになるので、控えます
代わりに、この物語のあらすじを引用します

物欲と肉欲の権化のようなフョードル・カラマーゾフには3人の息子がいた

放蕩無頼な退役軍人の長男ドミートリー
シニカルな無神論者の次男イワン
純真な修道僧の三男アリョーシャ

妖艶な美女グルーシェンカをめぐる父と長男の確執を憂いたアリョーシャは、
敬愛するゾシマ長老に救いを求めるが・・・
イワンの語る叙事詩「大審問官」をはじめ、著者の世界観の集大成となる対策を漫画化!

(引用:マンガで読む名作 カラマーゾフの兄弟 あらすじ)

帯の文句としては、

否定すれば
すべて許される

神と不死、思想と良心
愛と憎しみの狭間で織り成す悲劇が
人間存在の深淵をえぐる!!

興味を持たれた方は、是非読んで見てください
自信を持ってオススメします^^





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

デジタル版はカラーページもあって良かったですよ。
http://www.dlsite.com/home/circle/profile/=/maker_id/RG25133.html

Re: No title

> デジタル版はカラーページもあって良かったですよ。
> http://www.dlsite.com/home/circle/profile/=/maker_id/RG25133.html

電子書籍も出ていたとは、というかDLsiteにサークルがあったとは驚きですw
書籍で買うよりも安く、特典があるとはいいですね

Amazon商品検索

管理人に仲介料が入ります。欲しい物をこちらで検索し、買って頂けると嬉しいです
クリック広告
押すと広告料が入ります
食べログ
料理店レビューをしています
購入予定
オススメ
最近買ったもの
Google+ YouTube Channel
   YouTube CHANNEL
動画の更新などの報告をしています
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
コメントを頂いたら必ず返信します
ブロとも申請フォーム
お気軽にどうぞ

この人とブロともになる

月別アーカイブ
QRコード
QR
リンク
相互リンク募集中です
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。